リクルートカードのポイント期限なんて関係ない!お得な使い道

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-16-23-28-37

クレジットカードの中でもポイント還元率が高くて人気の「リクルートカード」ですが、貯めたポイントに期限があることをご存知ですか?

気付いたらポイントの有効期限が来てしまう!ということが無いように、今のうちに予習をしておきましょう!

また、実際にリクルートカードで貯めたポイントって、どんな使い道があるのかな?という方の為にも、お得な使い道についてもまとめてみましたのでチェックしてみてください。

Sponsored Link

まずチェックしよう。リクルートカードのポイント加算条件

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-05-19-31-53

リクルートカード公式ホームページ

リクルートカードは還元率1.2%という、年会費がほぼ無料で使用できるカードの中ではかなり高還元率なクレジットカードです。

ただ、やっぱり事前にポイントが貯まる場合と貯まらない場合のことを把握しておかなければいけませんよね。

リクルートカードのポイントが加算されない時というのは、

  • リクルートカードのポイント加算にならない場合

・年会費
・カード発行手数料
・ショッピングリボ払い手数料
・分割払い手数料
・キャッシング1回払い(国内・海外)ご利用分
・キャッシングリボご利用分
・カード再発行手数料
・遅延損害金
・電子マネーチャージご利用分

こういった場合はリクルートポイントが加算されません。

 

Apple Payでリクルートカードを使ってポイントは加算されるか?

ここでやっぱり気になるのは、Apple Payでリクルートカードを利用した場合のことですよね。

やはり、公共交通機関であったり、ちょっとした日々のコンビニでの買い物などを利用した際にポイントが付いた方が嬉しいものです。

上記のリクルートカードの規約を見ると電子マネーチャージご利用分は対象外。という表記があるのですが、以下の電子マネーに関してはポイント加算対象となります。

【JCB】nanaco(ナナコ)、モバイルSuica

【VISA】nanaco(ナナコ)、楽天Edy、モバイルSuica、SMART ICOCA

これらの電子マネーはApple Payに対応していますから、自動的にリクルートカードをApple Payで利用した場合であってもポイントが加算されるということになります。

 

リクルートポイントの期限は?

リクルートカードを利用して貯まったポイントは、以下のような有効期限が決まっています。

最後にリクルートポイントが加算された月の12か月後の月の月末まで。
ただし、当該有効期限までに新たにポイント利用対象取引を行った場合、当該利用に基づき新たに加算されるリクルートポイントの加算月の12か月後の月の月末までポイントの有効期限は延長されるものとし、以降も同様とします。

引用元:https://point.recruit.co.jp/doc/terms/pointlist13.html

つまり、継続的にリクルートカードを利用しているのであれば、実質、リクルートポイントをずっと貯め続けることができる。ということになりますね。

 

でも、無理して毎月買い物なんてしたくないし・・・

と思うかもしれませんが、別に浪費や贅沢をする為にリクルートカードを無理して毎月使い続ける必要はありません。

最もお得な使い道としては、家賃や光熱費、ケータイ代、交通費やガソリン代といった、毎月絶対に支払う必要がある固定費をリクルートカードを通して決済すれば良いだけです。

例えば、あなたの住んでいる部屋の家賃が毎月6万円だとします。

それに加えて、光熱費から交通費、ケータイ代などを合わせると、毎月10万円の支払いが必ず発生するとします。

そうすると、年間で120万円の支出がありますよね?

これを普通に銀行口座引き落としで支払うのはとても勿体ないことなんです!

これらの支払いをリクルートカードを経由して支払うだけで、毎年リクルートポイントが14,400ポイントが貯まります。

 

貯まったリクルートカードのポイントのお得な使い道について

では、実際に毎月支払う必要のある固定費等でリクルートポイントを貯めて、どんな使い道があるのか?というのが気になりますよね。

リクルートカード公式ホームページ

リクルートポイントの使い道としては・・・

といったところがお得な使い道としてあります。

その中でも特に人を選ばずお得にリクルートポイントの使い道としては、Pontaポイントへの移行とポンパレモールでの利用です。

 

Pontaカードへ移行することで使い道が増える

リクルートポイントからPontaカードへ移行すると1ポイント→1ポイントの換金レートで替えることができますので、リクルートカードで貯めたポイントをそっくりそのまま替えることができます。

これによって、リクルートポイントでは使えなかったポイントの使い道が増えますので、お得にポイントを利用できますね。

さらに、Pontaポイントへ移行すれば現金化することだってできます。

 

ポンパレモールを上手に利用してポイントをお得に貯めて使える!

あまり馴染みがないので知らない方の方が多いかもしれませんが、「ポンパレモール」という、簡単に言うと楽天のような通販サイトがあります。

ポンパレモール公式ホームページ

そのポンパレモールでリクルートカードを利用すると、なんと驚異の4.2%還元でポイントが付加されます。

では、どのようにして利用するのがお得なのか?というと、トイレットペーパーやティッシュペーパー。お米や水といった、どうしても毎月の消費でかかる買い物をポンパレモールを利用するだけです。

なので、例えば3,000円の5キロのお米を毎月リクルートカードを利用して買えば、年間で36,000円の買い物になります。

これに4.2%のポイント還元がされますので、1,512円分もお得に買い物ができてしまいます。

お米が安いところがあるけれども、通うのに手間や交通費がかかるという方も多いので、一度計算してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

年会費が永年無料で、ここまで様々なポイントの使い道があるのはリクルートカードの特権でしょう。

こちらの記事でも解説していますが、リクルートカードは審査も比較的やさしい傾向にあります。

リクルートカードの審査は長い?主婦やブラックでも通るのか?

2016.11.05

専業主婦の方やフリーターでアルバイトの方でも、持ちやすいカードですので、ぜひこの機会に1枚準備をしてみてはいかがでしょうか。

リクルートカード公式ホームページ

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です