Apple Pay(アップルペイ)とは?基本的な機能からメリットまとめ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-21-34-19

iMacやiPhoneでお馴染みのApple社のサービスである、Apple Payがいよいよ日本でもスタートしましたね!

こちらの記事では、

そもそもApple Payってなに?

今までのSuicaやおサイフケータイとは何が違うの?

何か危険なことなどないの?

などといった疑問にお答えしていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link

Apple Pay(アップルペイ)とは?

Apple Pay(アップルペイ)は一言で表すと、「超便利なおサイフケータイ」といったところです。

具体的にどんなことが便利なのかというと・・・

  • 登録手続きがとても簡単
  • おサイフケータイやSuicaの使い道も今まで通り
  • WEBサイトやアプリ決済に対応(対応アプリに限る)
  • 紛失、盗難時にiCloud経由で一括停止が可能

といったメリットが挙げられます。

駅の改札やコンビニのちょっとした買い物などは当然ながら、カード経由の決済なのでマイルやポイントを貯めることにも有効。

さらに、一番気になるカード紛失時の対応に関しても安心できる仕組みが整っているのです。

 

Apple Payをおサイフケータイと比較すると?

おサイフケータイでは、「iD」、「QUICPay」、「モバイルSuica」といったサービスが主流ですが、登録できるクレジットカードの数が圧倒的に違います。

Apple Pay iD QUICPay モバイルSuica
8枚 2枚 1枚 1枚

これはケースバイケースでマイルやポイントを貯める方にとっては、とても嬉しいはず。

ただ、デメリットとしてはおサイフケータイでは使えた電子マネーに対応していない部分もあります。

WAON・nanaco・楽天Edyといった電子マネーはまだ対応していませんので、今後のApple Payの対応に期待ですね。

 

登録手続きがとても簡単

これは本当にAppleらしい感じなのですが、登録方法もとても近未来的。

持っているクレジットカードをカメラで写して、セキュリティコードや認証設定を行えばOKといったレベルです。

また、既にAppleIDに登録しているクレジットカードを使用する場合であれば、iOS 10.1の初期設定時にApple Payに設定するかどうか尋ねられますので、セキュリティコードを入れるだけで設定完了です。

 

支払いの時はどうしたらいいの?

気になるApple Payでの支払い方法ですが、ケータイ端末の上部を決済端末に近づけるだけでOK。

この点はおサイフケータイと要領は同じですね。

ただおサイフケータイと違ってくることとしては、

  • Apple Payを起動させること
  • 指紋認証を行うこと

が必要になってきます。

これは人によっては、「面倒臭い」と思うか「その方が安心だ」と思うかに別れると思いますが、意外と面倒でもありません。

Apple Payの起動はiPhoneのホームボタンのダブルクリックで簡単に行えますし、その指を置いとくだけで指紋認証は完了です。

 

Apple Payはどのお店で使えるの?

では、Apple Payはどのお店で使えるのかというと、「iD」、「QUICPay」に対応している端末にて決済ができます。

※現在はApple Pay専用の端末というのは存在していません。

ですので、「iD」、「QUICPay」に対応しているかどうか聞いてから決済すると良いでしょう。

 

Apple Payのセキュリティは安全なのか?

これだけ聞くと便利尽くしなApple Payですが、気になるのがセキュリティの問題。

いつも持ち歩くiPhoneの中にクレジットカードの情報を入れてしまうわけなので、万が一の時のことを考えると心配にもなってくるはず。

でも、ここは流石、ネット犯罪大国アメリカで開発されたサービスであるだけに、セキュリティ対策は万全です。

 

驚くべきApple Payの個人情報保護対策

iPhoneを落とした!どうしよう・・・

と思ってしまいがちですが、実はApple Payで決済を行う際に使用される番号はクレジットカードの直接的な番号ではなくて、単なる割り当て番号です。

ですので、万が一の時にも第三者に対して個人情報が行き渡る心配がありません。

さらに、iPhone内に取り込んだクレジットカードの情報に関しても全て暗号化されて保存されるようになってますので、あなたの情報がどこかに漏れる心配もないのです。

 

万が一の紛失・盗難時には遠隔操作でロックできる機能も

さらに、あなたのiPhoneが万が一、紛失・盗難に遭ったとしても、第三者が使えなくする機能が付いています。

セキュリティとプライバシーはApple Payの中核をなす要素です。iPhone、iPadまたはApple Watchを紛失した場合でも、「iPhoneを探す」機能でデバイスを紛失モードに設定してApple Payの使用を一時停止したり、リモートワイプ(遠隔消去)によってデバイスを完全に消去したりすることができます。また、iCloud.comでApple Payを使った支払い機能を無効にすることもできます。デバイスを紛失してしまってもSuicaの残高は保証されます。

引用元:www.apple.com

メールサービスでもお馴染みのiCloudの機能によって、仮にあなたのiPhoneが盗難にあって、どこかでApple Payを勝手に使われたとしても、その支払いを無効にすることもできます。

 

まとめ

世界で愛されるAppleのサービスですから、今後も新たなサービスが普及される可能性は高いでしょう。

当サイトでも新たな情報が入り次第、まとめていきますので、ぜひ今後とも参考にしてみてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です